「脱・ぱちサバ」

15年度火力発電燃料追加費用は国民一人当たり2万円弱負担増


スポンサードリンク



東日本大震災による原発事故以来、国内電力の多くを担ってきた火力発電

老朽化した火力発電所をも再稼働させ、石油、石炭、天然ガスの大幅な輸入拡大で一時的にその電力を凌いできた

その拡大した火力燃料費の増加が、2011年度から15年度までの5年間の累計で14.7兆円に達するとの試算を経済産業省がまとめたそうです

14.7兆円といわれてもピンときませんが、単純に国内人口で割ったらナント国民一人当たり11万円超の負担になってるとのこと

 

沖縄電力を除く大手電力9社の15年度の燃料費の合計は6.1兆円程度となる見通し

東日本大震災前(08~10年度平均)並みに原発を利用した場合に比べ、15年度の燃料費は約2.3兆円増加し、国民1人当たり2万円弱の負担増になるらしい

各電力会社は年々巨額の赤字が増え続けてますので国民の負担も年々大きくなっていくでしょう

 

bsd1510240701015-p1

 

そして電力会社自身の経営力が立ち行かなくなった場合は国金の大量投入、要は税金でまかなうって事になるんじゃないですかね

この増加した燃料代は無駄に貿易赤字を拡大させ、国財を海外へ流出させ続けます

 

 

「原発反対‼」

 

と、

大声でわめき散らす人は何か原発に取って代わるエネルギー供給案でも持っているのだろうか?

太陽光発電にしても補助的な供給源にはなり得るかもしれんが問題も多い

 

折しも米国が南シナ海へ艦船を派遣し、支那が現在あちこちで埋立中の人工島付近への示威行動に出てますが

もし、支那が海上封鎖でもしようものなら原油の輸送コストも倍増します

 

まあ支那はそこまでの行動は出来ないと思いますが、この問題も安保法制が絡んできます

 

 

反対派は原発を再稼働しないと日本の経済は無茶苦茶になるって事に気付かないのだろうか?

 

 

 

原発再稼働賛成('ω')ノ

 

 

 

ランキング参加中です

「応援ポチッとお願いします」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村

 

 

結局左翼は日本の崩壊を望んでるんだなw

 

 

Similar Posts:


カテゴリー:つぶやき日記

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。

記事一覧

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報