「脱・ぱちサバ」

100年前の廃墟は大事で、1800年前の古墳を破壊して道路を作る日本!


スポンサードリンク



先日の産業革命文化遺産の世界遺産登録決定に対して賛否両論ありますが・・・

 

いや・・・落胆と怒りしかありませんがw

 

そんな今とんでもないニュースがあります

なんと、

前紀元3世紀頃の前方後円墳を壊して道路を作るって計画だ!

 

acf8dc15

 

2008年に市内で発掘された「高尾山遺跡」は、3世紀前半に築造された大型前方後方墳だ。
 
出土した埋葬品などから、ヤマト政権と主従関係にある「古代スルガの王の墓」ではないかと見られる。
 
日本考古学協会や保存を願う住民は保存を求めているが、市は都市計画通り道路建設を進める方針だ。
 
市議会は取り壊し費用を含む補正予算案を2015年6月30日に可決している。
 
今のところ古墳は完全破壊を免れている。
 
しかし、予算が執行されれば全面発掘調査を名目に墳丘全体が削り取られ、その跡に道路が整備される。

 

http://j-town.net/shizuoka/

 

2c1dc8dd-s

 

fa85fa62-s

 

 

古墳発掘のきっかけとなった道路建設

 

これほど貴重な遺跡が未発見だったのはなぜか。

古墳の上に熊野神社と高尾山穂見神社の2社が鎮座していたからだ。
 
地元では「この小山の下に古墳がある」と言い伝えられていたという。
 
都市計画で神社の敷地は道路予定地とされ、2008年に神社は隣接地に移転する。
 
跡地の小山を調査したところ、古墳が見つかった。
 
古墳の規模は墳丘長62.18メートル、高さ約5メートル。
 
築造年代は邪馬台国の卑弥呼と同じ古墳時代最初期で、当時の東日本では最大級だ。
 
日本考古学協会は「日本列島における古墳文化形成を解明する上できわめて重要。
 
駿河の古墳時代最初頭の重要遺跡で、歴史・文化的重要性を知る起点」と主張している

 

http://j-town.net/shizuoka/

 

 

そもそも都市計画で道路を作る時の基本的な調査がずさんだったのではないか?

神社を移転させるに於いても慎重な調査は不可欠なはずだ

それを古墳の手前まで道路を作って来て、

 

「古墳が出ましたけど邪魔になるので壊します」

 

そんな簡単に壊していい訳ないだろう!

 

古墳の上に二つの神社が建立されていたらしいですが、この神社も古墳を守り、国を沈める為に建てられてたのとちがうの?

我が日本は太古から天皇による統治の皇国であり、大御宝である臣民が国土を守って参りました

他国では、一神教もしくは絶対的な権力者によって多くの遺跡や民族の歴史が破壊しつくされてます

そんな世界にあって1800年もの悠久の時を経た地方の王(有力な豪族かも)の墓場、初期の前方後円墳こそ世界遺産に匹敵する価値があるのではないか?

まあ、世界がどう見ようと日本人とすれば間違いなく国の宝である

 

それを守るのは日本人の責任だと思うのだが・・・

 

100年前の廃墟や工場を日本人を鬼畜呼ばわりされてまで世界遺産への登録を推し進める日本

 

安倍首相にはキッチリとした対策を取っていただきたい

 

最近腹が立つことばかりですが、仕事も忙しいのであれこれままなりませんが

来月は少し活発に動いていきます

 

 

 

8/15の終戦の日は今年も靖國へは行けそうにありませんが

 

 

 

 

ランキング参加中です

「応援ポチッとお願いします」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村

 

 

護国神社へ参拝しましょう

 

 

Similar Posts:


カテゴリー:つぶやき日記

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。

記事一覧

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報