「脱・ぱちサバ」

「軍師官兵衛」秀吉を最後グダグダにして死なせたねw


スポンサードリンク



最近TVドラマはほとんど見ませんね

そんな中で唯一連ドラ録画してるのがこの大河ドラマの

「軍師 官兵衛」 なんです

子供のころから大河ドラマは好きで見てます(笑)

 

言わずと知れた、歴史上の人物の生涯にスポット当てて一年通してのドラマですね

しかし毎年見てるかっちゃーそうでもない

やはりその主人公たる人物に興味があるか、また脚本や演出の好き嫌いなんかもあって気に入ったら一年間バッチリ見続ける

面白くなかったらもう見ないw

そんな感じで去年は見てません(笑)

その前の

平清盛 は最後まで見たし、

江 は見なかったし、

龍馬伝 は見たし、

天地人 も見た・・・

 

オイラの趣向なんてどうでもいいんだけど、やはり幕末モノと戦国モノは面白いね

ただこの大河シリーズを完全なる史実ドラマと捉えるか、作家の脚色の入ったただの歴史のドラマと捉えるかによって全然面白みも変わってきます

 

もう10年くらいまえに三谷幸喜脚本の「新撰組」ってのがありました

香取慎吾が近藤勇役でしたが、これなんかもはやコメディーだったんで別の意味で何も考えず見てられたっけね

 

そんな大河ドラマシリーズの今年の「軍師官兵衛」

かなり歴史に忠実に描かれているんで、歴史の勉強にもなったと思います

何より岡田准一がカッコイイったりゃありゃしない(笑)

そんな官兵衛を毎回楽しみに見てたんですが・・・

 

前回で秀吉が死去しましたが、まあ晩年の秀吉の意地の悪い事w

そしてこのドラマを見た人は、陰で糸引く石田三成の事みんな嫌いになったんじゃないかと思うよ(笑)

とりあえずそれは置いといて、ここで本題に入ります

 

数回前の放送で朝鮮出兵の内容の放送がありました

あれってさ、このドラマ見てた人は完全に秀吉の覇権主義の欲望による朝鮮への派兵みたいな感じで描かれてたよね

よく知らん人間が見たら本当にするし、キットそう思わせたいのかな?と思うような酷いモノでした

まず挑戦出兵は必然的な事件であったという事

無論秀吉の欲望のまま突っ走った結果なんてのではない

 

あの当時の世界的歴史の背景についてほとんど語ってないし、何か見てて腹が立ったんで少々愚痴ります

 

当時の世界はスペインを筆頭に西洋列強国に支配されてました

東アジアで植民地化されてなかったのは日本と民の二か国だけ

朝鮮は民の属国なんで数の内に入れません

そんな中スペインも日本にキリシタン宣教師を送り込み植民地支配の礎を築こうと躍起になってました

しかしみなさん知ってましたか?

その当時の我が国日本は武士の精鋭が君臨する世界に誇る武力国家でした

なにせ鉄砲を国産化で量産させ、50万丁以上保有し世界中の半数が日本に有ったと云われてます

そんな日本にまともに戦争を仕掛けてくるほどスペインにも馬力が無かったんでしょう

そこで現実的にみたら先に民を侵略し、朝鮮半島から民の軍団を日本に送り込む

その作戦は有効かつ現実的な戦略として何時スペインが民へ攻め込むか分からない状態でもありました

現にフィリピンのマニラにはスペイン領フィリピン総督府なるものが置かれ虎視眈々と機会を伺ってたのが現実です

 

朝鮮半島と九州は目と鼻の先、大軍を送り込もうとすれば容易に送り込めます

地理的戦略で最も重要なのがこの朝鮮半島だったんですね

逆に日本は朝鮮半島で守りを固めておけば戦線の拡大を抑え、戦力を集中して置く事が出来ます

 

結果的には秀吉の死により朝鮮半島からの全軍撤退を強いられたんですが、これが秀吉が挑戦への出兵にこだわった訳の事実です

 

まあこんなTVドラマでこうもむきになる事も無いかとも思いますが

 

これまでの放送分の出来が良かったと思うんでチョット言ってみました(笑)

 

なお、オイラのつたない文章じゃ理解できないと思いますんで、以下参考にして下さい

 

Wikipedia 文禄・慶長の役

ねずさんの ひとりごと  秀吉の朝鮮出兵

 

 

 

 

NHKは史実を忠実に再現しなければならないと思う!

 

 

 

ランキング参加中です

「応援ポチッとお願いします」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村

 

 

 

NHKよ日本を悪者扱いするのはもうヤメておくれ

 

 

 

Similar Posts:


カテゴリー:つぶやき日記

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。

記事一覧

スポンサードリンク

カテゴリー

アーカイブ

メタ情報